本文へスキップ

CTK 株式会社武井工業所|環境とコンクリートの未来を創造するプレキャストコンクリート製品を製造販売するメーカーです。

〒315-0018
茨城県石岡市若松一丁目3−26
Tel 0299-24-5200
Fax 0299-24-5222

ジオベスト
(geobest)

ジオベストは土に近い特性を持ち、環境に優しい土舗装固化材。
アイデア次第でいろいろな場所に使えます。

Q&A

  • 土舗装って何?

    安全に大量に高速に走行・歩行できるようなアスファルト・コンクリートなどの舗装に対し、
    「走りたくなる・歩きたくなる」「環境に優しい」といったより高いニーズに応えるため、
    真砂土(まさど) などの良質な土に固化材を添加して舗装体を構築する工法が土舗装です。

  • 土舗装の特徴は何ですか?

    一番は自然な土の風合いを生かした景観性の高さです。
    保水性の高さからヒートアイランド対策としても有効です。

  • 土舗装固化材の成分は?

    固化材でポピュラーなのはセメント系と石灰系ですが、いずれもpH値が11以上の強アルカリとなるため環境に対する負荷が大きいというデメリットがあります。
    ジオベストは酸化マグネシウムが主成分であり、pH値を自然の土に近い9前後の弱アルカリ性に抑えることができるため環境に対する負荷が小さいのが特徴です。
    また重金属を含みませんので産業廃材になりません

  • ジオベストのその他の特徴は何ですか?

    一般の舗装材は良質で均質な土(真砂土など)の固化に適していますが、ジオベストはそのような土のほかにもローム土など身近にある土を固化することが可能です。
    つまり良質で均質な土の風合いを生かした土舗装のほか、現地の土を固化することで舗装はもちろんのこと、雑草を抑止したり、雨による泥濘化を防止したりすることができます。
    ※現地発生土を使用する場合、事前に土質について確認してください

  • なぜ雑草が生えないのですか?

    土舗装は一般に「強アルカリ性」と「土の表面硬度で根付かせない」等の理由で雑草を防止しますが、ジオベストはリンや窒素など土中の養分を固定化して、雑草が根から養分を取れなくすることで雑草の発育を防止しています。
    除草剤の散布にはどうしても抵抗感がつきまといますが、弱アルカリ性のジオベストは環境に負荷をかけずに雑草を防止できるので抵抗感がないうえに、定期的に除草する必要がなくなるのでメンテナンスが不要になり、トータルコストを低減できます。

  • 具体的にはどんな用途に使えますか?

    まず一般的な土舗装材と同様に真砂土を固めて、景観・強度・歩行性に優れた遊歩道などの舗装があります。真砂土を用いた舗装ではその他にも、その優れた景観性から住宅のアプローチ・駐車場などにも適しています。その他、道路の中央分離帯、学校などの公共施設から一般家庭の敷地内などのあらゆる場所の現地の土を利用しての雑草防止が可能です。さらに、現地の土が固化に適したものであれば舗装体を構築することができます。

  • どんな土でも固まりますか?

    日本には大きく分けると5種類の土質がありますが全て固める事ができます。
    しかし、土は粒度や含水量により性質が大きく変化しますので状態による選択が必要になってきます。強度について観ると一般にローム土などシルト分の多い土は強度が低いのですが、沖縄の赤砂など鉄分が多いと強度が上がってきます。これは結晶結合の他に鉄分と反応しているからと考えます。よって火山性の土質は相性が良いのです含水量で観ると水が多いと良く固まりません。
    土を締固める為に最適含水比と言うものがあり、その前後で混合、転圧を行なう事で最大の密度を上げることができ、同時に強度を上げることができる訳です。ついでにジオベストの混合性を考えると極力含水量の少ない状態がbestなので砂質系の粒径のそろった土が一番相性の良い土になります。

バナースペース